ジロと花の散歩道③ jirohana22.exblog.jp

愛犬を中心とした生活日記


by jirohanagenki
プロフィールを見る
画像一覧

2014年5月25日(日)ジロ花のかあちゃん犬?

 前回、ジロと花の兄弟たちのこと、助けられなかった彼らの仲間の野良犬たちのことを書きました。
ジロと花が生まれたと思われる、川向うの空き家(保護した空き家とは別の家)には、十匹以上の野良犬たちが住んでいました。
a0216142_21501659.jpg
その時何気なく写した写真に、花にそっくりな犬がいたのです。
a0216142_21492677.jpg
これを写した当時、花はまだ赤ん坊で、成犬になった姿が想像できず、親犬とは思いませんでしたが、花が成長して分かりました。多分この子がジロ花たちのお母さん犬だと。

 赤ちゃんだったジロたち以外の野良犬たちは人間になつかず、保護することもとても難しかったのを憶えております。
実はジロ達を保護する前に、もう少し大きな子犬を餌付けして捕まえようと計画を練ったことがあります。
彼らは餌を食べはしましたが、心を開くことはなく、人間をとても恐れていました。
元々、野良犬などいなかった地域にあんなにたくさんいたのは、無責任な飼い主が犬を捨てに来たからで、犬が悪いのでは決してないのです。
 
 




 さて、ジロ花の兄弟のクッキーがもらわれていって、半年くらい経った頃、クッキーと会うチャンスがありました。
大きくなったクッキーはジロに顔がそっくりでした。

左側がクッキー(メス)。右がジロ。そっくりでしょ!。
しかし、よく見ると、クッキーは耳がピンと立ち、毛色が濃いです。白い靴下もはいてます。(足先が白いこと)
a0216142_22432670.jpg

a0216142_22301400.jpg

それから三年後にもクッキーに会いました。
 クッキーはやはりジロにそっくりでした。
a0216142_22404131.jpg
 顔の形や目が似ています。
a0216142_22410842.jpg
クッキーの飼い主さんと。
飼い主さんの顔を消してあります。ホラー映画みたいですみません。
a0216142_22473214.jpg
 時計屋へもらわれたチーとはよく会っていました。
すぐにウーウーガウガウ大騒ぎするジロとチー。とても仲が良いんですよ。
a0216142_23024037.jpg
 薄い毛の色のチーは器量よし。耳がぴんと立っているのはクッキーと同じ。
口元が黒いのも皆同じ。
a0216142_23023107.jpg

 最後に助けられなかった兄弟犬の写真を。
ジロと花たちはたぶん本当は七匹兄弟でした。初めて子犬たちを見たとき、七匹を数えたからです。でもうち二匹は大人の犬たちが連れ去り、ジロを保護した時は子犬は五匹しかいませんでした。

 この子は、↓背格好がジロ達にそっくりで、毛色はチー、耳は垂れてジロや花に似ています。ガリガリにやせ、子犬を生んだらしくお乳が突起していました。ラッキーと名付け、手なずけようと餌を与えたりしていましたが、警戒心が強くて保護することはできませんでした。
間もなく、姿が見えなくなり、捕まって殺されたと思われます。
a0216142_23091794.jpg
ラッキーもジロ達と一緒にいたら、ぜったいに一緒に保護できたのにと思うと今でも残念です。

a0216142_23121970.gif
旧中山道の笠取り峠にて(長野県北佐久郡立科町あたり)
a0216142_23203787.jpg
この峠へ上った旅人が傘を取って休憩したんだろな・・・
a0216142_23215657.jpg
諏訪神社春宮(諏訪市)
a0216142_23241902.jpg



a0216142_23261962.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2014-05-25 23:26