ジロと花の散歩道③ jirohana22.exblog.jp

愛犬を中心とした生活日記


by jirohanagenki
プロフィールを見る
画像一覧

2012年2月27日(月) 雪の賤ヶ岳①

 前回の続き、賤ヶ岳です。
さて、吸い込まれるように、賤ヶ岳の登り口を進んで行きました。
かなりの勾配ですが、真っ白な雪道が美しく、あまり何も考えずにどんどん上って行きました。
a0216142_2331542.jpg



積雪で元の登山道は見えませんが、しっかり踏み固められた道が続いているので、
迷わずに進めました。
a0216142_2354149.jpg




ところが踏み固められた「道」を少しでもはずれると、深みにはまってしまい、すっぽりと足が埋まってしまいます。幾度もころびました。
a0216142_2395155.jpg



まっすぐな植林された木々ががとてもきれいですが、このような青いひもが巻きつけてあるので絵にならない!
「なぜ木の根元にこんなものを巻いているのか?」
「鹿が木の皮を食べるのでは?」
「ここ鹿がいるの?クマはいるみたいだけど・・・」
「なんやろなあ・・」
などなど話しながら進みました。
a0216142_23181335.jpg



木々の向こうに余呉湖を望む
美しい!
a0216142_232228.jpg



カーブミラーが見えます!どうやらこれは車道らしい!
一度も来たことがない山でしかも雪道なので、どこがどうやらさっぱり分からないまま、踏み固められた道をただただ前進。
a0216142_23264879.jpg



何やら向こうからにぎやかな団体が接近!
楽しそうにわいわい騒いでいます。
ちなみに左側に見える長いものはガードレールの上の先端です。
積雪一メートルくらい。
a0216142_2330854.jpg



全員五十代以上、上は七十代くらいの陽気な男女たちで、全員うちわのようなプラスチックの携帯橇を手にしていました。
聞いてみると、下り坂は橇すべりしながら降りていくのだそうです。
携帯橇、ホームセンターで五百円くらいで売っているらしい。欲しいな・・・
a0216142_23333273.jpg



通り過ぎた皆さん、頑丈な登山靴にアイゼンをつけていたので、驚きました。
我々はただのスノーシューズ、私などはレインシューズ!
な、なんと無謀な・・・
しかしそこまで来て引き返すなどできません。前進あるのみ。
車道らしき道を横に、柵のある細い道を進むと・・・
a0216142_23401332.jpg


出ました!中川清秀の墓!
a0216142_23404620.jpg



賤ヶ岳は秀吉と柴田勝家の合戦があったところ。
茨木藩主だった中川清秀は柴田勝家の部下、眉山(金沢)城主、佐久間盛政の奇襲で
壮烈な最後を遂げたらしいです。
この後、秀吉は急遽、大垣より駆けつけ、賤ヶ岳の合戦となり、勝利したそうです。

中川さん、大変でしたね。
合掌
a0216142_23542439.jpg



ここは元合戦場。地縛霊などいないかと少し怖くなりました。


こんなものもありました。
a0216142_23555691.jpg

土民たちにより、って土民って言い方がなんとも・・・
地元の人でいいじゃない。

賤ヶ岳、次回に続きます。


おいらたちはお留守番でした。
a0216142_002055.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-02-27 23:56