ジロと花の散歩道③ jirohana22.exblog.jp

愛犬を中心とした生活日記


by jirohanagenki
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 ご近所わんこのロッシュくんです。
a0216142_22131340.jpg

今はすごく元気になりましたが、少し前まで、お腹の皮膚に変なできものができる、元気がないと聞いていたので心配でした。

お医者さんで調べてもらっているがなかなか治らないと聞いていました。



 ところが、つい先日ロッシュくんのパパが、お腹のできもの先が固くて出たり引っ込んだりするというので、思い切って抜いてみたところ、長さ十センチほどの竹串が出てきたそうです。

竹串!?
 ロッシュくんのママの話では、半年ほど前に豆が刺してあった竹串を飲み込んでそのままお腹にあったのだろうとのことでした。半年というのは、半年ほど前から痛がったり、お腹の皮膚におできができたりしていたからだそうです。
そのおできというのは、竹串がお腹の中から皮膚に頭を突き出していたものだったのだと。・・・・
人間だったらあり得ないことですが、動物はその点、異物が体外に自然に押し出されるようなシステム?になっているのですね。でもロッシュくんのパパが引っ張らなければ竹串は出てこなかったでしょう。
ロッシュくんのパパは名医だと思います。

 竹串を取った現在はとても元気になり、おできもできなくなったそうです。
それにしても、ロッシュくん、お腹に竹串を半年も入れていたなんて・・・怖いね。

でも良かったね、ロッシュくん。
a0216142_22342039.jpg

 愛犬が何を食べるか注意しておかなければと改めて思いましたが、24時間見張ることは不可能なので難しいですね。
 そういうこともあるんだと驚いているところです。

 花が若いころ、台所の買い物袋にあった、レバーの焼き鳥を平らげたことがありました。
その場合、竹串は全部残っていたので、味付けが濃いのと食べ過ぎを心配しただけでした。
花は固いものや大きいものは食べません。しかし、ジロなら竹串ごと食べていたかも?

 ジロと花は高齢犬になり、とろとろしていますが、食べる時だけは元気で食欲旺盛。
若いころは平気だった固い骨やジャーキーなどは喉につっかえて大変なことになるので、注意しています。


近所のサツキ
a0216142_23355090.jpg


ところで

ジロはキャベツが大好きです。前足でキャベツの葉を固定させて、いただきます。
a0216142_2249484.jpg



 我が家は愛犬のごはんは、手作り中心です。(獣医の指示でドッグフードを極力少なくしています)
キャベツは毎回細かく刻んで、鶏肉などと一緒に煮込んでいるので大好きなようです。

でも

このときは大きなキャベツの葉っぱ。しかも生。
a0216142_22531296.jpg



与えたわけではありません。台所に落ちていたのを、くすねてきたのです。
a0216142_22544882.jpg




 ジロは消化酵素が出ない病気なので、食べ物に消化酵素剤を混ぜ合わせて30分、鍋の中で消化させてから与えています。ですから、食べ物を生で与えることは通常しないのですが・・・
あまり楽しそうなので、一枚食べさせました。
a0216142_22574386.jpg

楽しいこと、うれしいことも犬には良薬(人間も)だと思うので・・・


水量の増えた小川でたたずむ花。以前のように川遊びはしなくなりました。
a0216142_2343935.jpg



でもあたいは、鎖を飛べるのよ!
a0216142_2352312.jpg



我が家のスカシユリが満開中
a0216142_23124447.jpg




我が家のギボウシ
a0216142_2313972.jpg




我が家のヤマオダマキ
a0216142_2314031.jpg



これも家のアジサイ
a0216142_23145874.jpg


ヤマホタルブクロ
a0216142_2327519.jpg


ご近所わんこのごんちゃんに思い切り吠えられるジロと花
a0216142_23194160.jpg

a0216142_2320813.gif

[PR]
by jirohanagenki | 2013-06-29 23:19
 おたぬき山はいつの間にやら、アジサイの季節となりました。
a0216142_2243119.jpg



少しずつ色が変化するのが楽しいアジサイ
a0216142_22443338.jpg


近所の可憐なガクアジサイ
a0216142_22461589.jpg

a0216142_22464125.jpg




散歩道はアジサイが盛りです。
a0216142_22472631.jpg


でもまだサツキも咲いています。
a0216142_22484100.jpg

a0216142_22481860.jpg




ヤマホタルブクロ開花
a0216142_22484128.jpg




ホタルブクロ
a0216142_22491480.jpg




白いヤマホタルブクロ
a0216142_22493120.jpg


a0216142_22525217.jpg


アジサイと花
a0216142_22502979.jpg



ノコギリソウの下の涼しい隠れ場所?で休む花
a0216142_22511936.jpg



暑い日が苦手なジロ
a0216142_22521786.jpg



おばあちゃん(私の母)が来て喜ぶ花とジロ
a0216142_22515119.jpg

a0216142_2253267.gif

[PR]
by jirohanagenki | 2013-06-24 22:23
六月に入っても、あまり雨が降らず、急に真夏のように暑くなりました。

a0216142_2353724.jpg




サツキツツジが満開です。真夏の暑さの中のツツジ・・・
a0216142_23531796.jpg

a0216142_23535389.jpg

a0216142_2354934.jpg



花とツツジ
a0216142_23543387.jpg



我が家の初キュウリ。たくさん生ってほしいほしいな。
a0216142_23552557.jpg




先日、ジロと花を洗いました。
二匹は高齢なので、最近はめったに走りませんが、洗った後は興奮して走り回ります。
走る花
a0216142_23563876.jpg

a0216142_23571292.jpg



ジロ
a0216142_23573528.jpg




体を乾かす花
a0216142_2358016.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2013-06-16 23:30
 先日、実家へ行ったときの様子です。

 アジサイの間に入り込んだ花
a0216142_23202155.jpg



出てこれなくなっちゃった!?
a0216142_2321610.jpg



ジロ
a0216142_23212885.jpg



私の母が大好きなジロ
嬉しそうです。
a0216142_23215721.jpg




一緒に水を飲む二匹
a0216142_23235461.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2013-06-11 23:28
 少し前に、母と友人は神戸高山植物園に行きました。
母は植物園に咲いていたヒマラヤの青いケシの花の写真を写し、パソコンで送ってくれました。

五月連休中に私が行ったときは、この温室の中に青いケシが一輪だけ咲いていましたが・・・
母が訪れた時はたくさん咲いていたそうです。
a0216142_22485169.jpg



これだけ咲いていると神秘的?ではないなあ。
a0216142_22513638.jpg




外のロックガーデンにも青いケシは咲いていたそうです。
a0216142_22521773.jpg



クリンソウも見事だったそうです。
a0216142_22524557.jpg



おたぬき山ではサツキツツジがきれい。
a0216142_2302617.jpg



シャスターデージー
a0216142_2314097.jpg



林の中のネジキの木
愛らしい花がいっぱい。
a0216142_2312585.jpg

a0216142_23134352.jpg


家の庭の花。名前が分かりません。
a0216142_2371764.jpg




庭の樹木花。毎年この時期にかわいい花をたくさんつけます。
a0216142_2375513.jpg



庭の隠れ家?で涼む花
a0216142_23101594.jpg

日陰の草のベッドは涼しそう。
[PR]
by jirohanagenki | 2013-06-08 23:15
 久しぶりにご近所わんこのはなべえくんに会いました。

あっち行け行け行け!
めちゃくちゃ吠えまくるはなべえくん。
a0216142_22462886.jpg



よくみると、キュートな顔立ちなんですけど・・・
a0216142_22465612.jpg




ずうっと吠えっぱなし!
a0216142_22472036.jpg




ジロと花が自分より大きいので、はなべえくんは怖いのでしょうね。
a0216142_22473524.jpg




わんわんわん!どけどけどけ!
a0216142_22481318.jpg



近所のバラ
a0216142_22534573.jpg



ここの家のバラはゴージャス
a0216142_22541610.jpg



奥さんが丹念に育てているバラのようですね。
a0216142_2255311.jpg

a0216142_22573883.jpg



バラの花とジロ
a0216142_2305273.jpg




バラの前を歩く花
a0216142_2311879.jpg




バラの前で小便をしているジロ
a0216142_2314112.jpg



 昨日、メールで連絡を取ることについて書きましたが、私の知人Kさんは携帯もパソコンも持っていません。
 そんな年でもないのに、携帯などを持たないのは信条のようです。
 Kさんは組織の連絡係です。メールで済ませたら簡単なのに、いつも絵葉書で予定を知らせてくれます。
 その絵葉書は、白馬などの山へ行ったときに買った押し花付きはがきだったり、珍しい絵画の絵葉書だったり、毎回違っていて楽しみなんですね。

その方が心がこもっていて良いのかもと改めて感じます。

  メールで書いたら簡単に済むところを、はがきを用意し、ペンで文を書いて切手をはってポストに投函しなければなりません。
 携帯などのなかったころは、特に不便を感じずに、はがきを出したり電話をかけたりしていたものです。なければないでできたはずなのに・・・。

  便利になった分だけ、何か失ってしまったものもあるのではないかと思います。
 
 
 
[PR]
by jirohanagenki | 2013-06-05 23:02
 久しぶりにロッシュくんに会いました。
近所に住んでいるのに、散歩時間が異なるのか最近はほとんど会わなかったので、心配していましたが・・・
花「あらロッシュくん、元気そうね」
ロッシュ「このごろ、元気になったんや」
a0216142_2339281.jpg



相変わらずかわいい顔のロッシュくんです。
a0216142_23392851.jpg



別の日には、階段からご挨拶。
手前の松の葉っぱにピントが合ってしまって、ロッシュくんがボケてしまいました。
a0216142_2342018.jpg




昨日、街角で見かけたポメラニアンのかわいいわんこ。
a0216142_23424538.jpg



ちゃんとカメラ目線ですね。
a0216142_2343559.jpg



近所のマルチーズたちと
a0216142_23435683.jpg



お花畑のある家の前で
a0216142_23484450.jpg



玄関アプローチが素敵です。
a0216142_23494658.jpg



ジロも撮影。
a0216142_23501149.jpg



あるボランティアで、何年か一緒に活動してきたSという知人がこの春から東京の板橋へ引っ越してしまいました。
その人は、若いころ、ソ連時代のモスクワで働いた経験のある人で、前向きで明るくて実に面白い人物です。あちらではソビエト製のジグリという車を運転していたというから驚きです。
モスクワ行きは、わざわざ志願?したそうです。
 ソ連という国は、怖がりこそすれ、行きたがる人は少なかった時代です。
 Sさんはロシア語も勉強し、向こうで現地の人と仕事していたそうで、今もネイティブの人の発音が理解できるので尊敬しています。私もロシア語は好きですが聞き取りがとても苦手なのでやはり本場で生活した人は違うと羨ましい。
 そのSさんが遠くへ行ってしまって、話す機会もなくなり、少々さびしくなりました。本人は、ソ連へ行く前は東京で働いていたそうで「あっちにも友達がたくさんいるんでうれしい」と前向き。こちらにはいずれ帰ってくるそうですけれど、どうなるか分かりません。
 
 定期的に携帯メールするようにして縁が切れないようにしようと思います。

去る者日々疎し、というのは本当で、生活圏から去った人とは付き合いが薄くなりがちです。
 なのでメールをすることで、縁をつなげておきたいものですね。

 ポーランドの友人たちは、生活圏ではまったく無関係の遠い人たちですが、電子メールで頻繁に写真を送りあったりしているので、(むしろ生活圏の友人たちとは写真を送ったりということはあまりしない)それで補っているのだなと思います。
 付き合いを続けるには努力が必要なんだなと・・・。それでもすたれる人とはすたれてしまいます。近くても遠くても.
それがご縁というものなのでしょうね。

また、土地の距離は離れていても、心の距離は近い場合もあるってこと。
 この春日本に旅行したポズナニのBさんご夫妻は、私たちと心の距離はとても近いと思います。
 Bさん、もうじきメールしますので、もうちょっと待っててください。
[PR]
by jirohanagenki | 2013-06-04 23:35
 早いもので、いつの間にやらもう六月。
おたぬき山は梅雨に入りました。

 バラが美しい季節でもあります。


とある町の窓
a0216142_920460.jpg


単なる窓が窓でなくなるバラの魅力
a0216142_9212060.jpg



都会のバラ
a0216142_9234081.jpg



上品でゴージャスなムードをかもし出すバラ
a0216142_924386.jpg

a0216142_926418.jpg



おたぬき山の近所のバラも開花しました。
a0216142_9381861.jpg

a0216142_9411825.jpg


a0216142_9384013.jpg




バラは特にお世話が大変だと思いますが、みなさん頑張って栽培してくれて、道行く人を楽しませてくれます。
a0216142_9375875.jpg

a0216142_9425897.jpg


無理やりバラの前で撮影。
あたいはモデルなの(花)
a0216142_9354348.jpg



チェーンを乗り越えるジロ
a0216142_947442.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2013-06-01 09:46