ジロと花の散歩道③ jirohana22.exblog.jp

愛犬を中心とした生活日記


by jirohanagenki
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 朝、散歩の時に、ホオジロが近所の塀にとまっているのを見つけました。
a0216142_2240507.jpg



この種の鳥さん、前にも何回か見たことがありますが、このたび、ネットで鳥の種類を調べてホオジロと分かりました。調べる前にこの写真を見て夫は雀だと言い張りましたが、雀なら雀とすぐに分かります。
a0216142_22434138.jpg



朝、ツツドリが鳴きはじめ、夜はフクロウがゴロスケホーホーと鳴いています。


切り株にキノコがたくさん生えているのを発見。
小人が出てきそう?
a0216142_2250411.jpg



新緑
a0216142_2250425.jpg



秋の紅葉のような色のもみじの若葉
a0216142_2252060.jpg



切られた丸太から出た新芽
a0216142_22535510.jpg



これから見ごろのぼたん桜
a0216142_2313868.jpg



八重桜満開
a0216142_22572217.jpg



ヤマザクラをバックに
a0216142_22581149.jpg



ミモザ
a0216142_2322270.jpg



去年のススキも山のにぎわい
a0216142_23319100.jpg



青空に映えるリョウブ林
a0216142_2341140.jpg



竹の若葉
a0216142_2344871.jpg



近所の庭の緑色っぽいサクラ。名前が分かりませんが・・・まだ咲いてます。
a0216142_23121982.jpg


近所の大きな枝垂れ桜、そろそろ散ると思いますがまだ勢いがありますね。
a0216142_236267.jpg

a0216142_2364385.jpg


遅咲きのソメイヨシノ、今日もがんばってました。他のソメイヨシノは皆葉桜です。
ひょっとしたら種類が違うのかも?
a0216142_23153324.jpg


a0216142_2326049.gif

散歩でロッシュくんと会いました。

最初は嬉しそうにしてましたが・・・
a0216142_2319880.jpg



ジロと花が近づくと、怖そうな顔つきのロッシュくん
a0216142_23194395.jpg



やっぱりこわいや・・・
ジロくんでかいからな・・・
a0216142_23205286.jpg



にらみあう二匹
a0216142_23211590.jpg



顔をそむけるロッシュくん。
君なんか知らないよ~
a0216142_23223978.jpg



でもジロが横向くと・・・
本当は興味があるんですね。ロッシュくん・・・
a0216142_23244642.jpg



a0216142_23253649.gif



別な時、ハッピーちゃんに会いました。
a0216142_23274929.jpg



あまり仲が良くないので、遠くからご挨拶しました。
かわいいハッピーちゃんです。
a0216142_2329193.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-04-27 23:28
 先日、小川で水遊びしていると・・・
a0216142_23494980.jpg




ラブちゃんがやってきて、穴掘りを始めました。
a0216142_23503911.jpg



ジロと花がそばにいるのに、見向きもせずひたすら穴を掘るラブちゃん
a0216142_23513374.jpg



いい石をゲット!得意げなラブちゃん
a0216142_23545412.jpg




ジロは「そんな石よりおいらの方がいいはず!」と迫る?
a0216142_23554664.jpg




ジロくんなんか、どうでもいいわ!。
a0216142_23562248.jpg




ラブちゃんのこと好きだよ!
a0216142_00573.jpg




あたしは石さえあったら満足なの!
a0216142_003365.jpg




おいらのことかまっておくれよ!
a0216142_03051.jpg




ラブちゃんてば!かまっておくれよ!
ジロくんたらしつこい!
a0216142_034332.jpg




あほらしうて、もう見ちゃいられないワン!
a0216142_043936.jpg



おたぬき山はソメイヨシノは葉桜になりましたが、ヤマザクラが満開です。
a0216142_0125789.jpg

a0216142_013427.jpg




ソメイヨシノほど華やかではないけれど、ヤマザクラは清楚で可憐だと思います。
a0216142_0151818.jpg



盛りの終わったモクレン
a0216142_0172896.jpg




ある家の庭に植わっていた、サクラの一種。
名前が分からないのですみません。とてもかわいらしいサクラです。
a0216142_0182263.jpg

a0216142_0185230.jpg



我が家のオトメツバキ
a0216142_0191713.jpg



ふもとの役場のツツジ。満開です。
a0216142_020697.jpg


燃えるような赤い色です。
a0216142_0203544.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-04-25 23:57
 今日の日中は汗ばむほどの暖かさでした。
 それと黄砂が来ていて、遠くの山がうすぼんやりしていました。


近所のソメイヨシノ、どんどん散っています。
a0216142_21283180.jpg



桜吹雪の道
a0216142_21305839.jpg




遅咲きのソメイヨシノが一本あってこの木だけはにぎわっています?
a0216142_21355783.jpg



枝垂れ桜は今は満開。
我が家の小さな枝垂れ桜も満開です。
a0216142_21385831.jpg

a0216142_21393181.jpg



庭のコゴメザクラも咲きました。
a0216142_21521236.jpg



近所の枝垂れ桜とジロ
a0216142_2143254.jpg



近所の赤いモクレンも満開
a0216142_21452575.jpg



散歩道のスミレ
a0216142_2146230.jpg



ホトケノザ
a0216142_21484098.jpg



ヒメオドリコソウ
a0216142_21512382.jpg



コバノミツバツツジはこれから
a0216142_21534259.jpg

a0216142_21562251.jpg



ヤマザクラはただ今満開中
a0216142_21545529.jpg

a0216142_21551187.jpg



小川で水を食む花
水が恋しい季節になりました。
a0216142_2205954.jpg



散歩時のジロ
a0216142_2221659.jpg



花とジロ
a0216142_2243590.jpg



パンジー
a0216142_226262.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-04-24 22:08
 近所のM家の美しい枝垂れ桜が、満開になりました。

 見事なしだれ桜です。
a0216142_2322383.jpg

a0216142_23232487.jpg



お花がぎっしり!
a0216142_2324529.jpg

a0216142_23245498.jpg



青空に映える桜色
a0216142_2325202.jpg



新緑の木ともよく合う桜色
a0216142_2325435.jpg



おいらは花より団子なんで・・・
a0216142_23264356.jpg



おたぬき山のソメイヨシノ、昨日から散り始めました。
しかしまだ美しい。
a0216142_232823.jpg



もう葉っぱが出ています。
a0216142_23283427.jpg



新緑とサクラ
a0216142_23303735.jpg




ジロとサクラ
a0216142_23501157.jpg

a0216142_23503333.jpg


苔むした桜の木
a0216142_2332612.jpg





公園付近のソメイヨシノと枝垂れ桜
a0216142_23351549.jpg



このサクラは満開中。
a0216142_23354870.jpg



公園の枝垂れ桜の下でまた写真を撮りました。お天気が良いと色がきれいです。


花と枝垂れ。
a0216142_23365918.jpg

二匹並んでこっちを向いて、嬉しそうにしているところが撮りたい・・・
と思いますよね。当然!

しかし・・・

ジロ、花、頼むから一緒にこっち向いてくれ!!
a0216142_2339869.jpg

こんな写真を数枚撮ったあげく・・・


やっと並んでこっちを向いたと思ったら、花がこっちへやってきた・・・
ダメダメ!
a0216142_23395317.jpg



仕方ないジロだけで撮ろう・・・
a0216142_23413094.jpg



やっと並びましたが・・・
ジロがよそ見!
a0216142_2342318.jpg



花が突然プルプルしたり・・・
a0216142_2343571.jpg



今度は花がよそ見!おいおい!
a0216142_2343426.jpg



かろうじて二匹ともこっち?向いているのが一枚撮れました。
a0216142_23374548.jpg



ああ、一緒に並んで撮るのは大変だ・・・
a0216142_23455378.jpg



あたいたちこそえらい目にあったわ!何回も何回もポーズとらされて・・・
a0216142_23475931.jpg



枝垂れ桜の向こうで、ゲートボール大会がにぎやかに開かれていました。
a0216142_23492653.jpg



帰りの小川でジロはお腹を川に浸けて涼みました。
今年初のお腹冷やしです。
a0216142_23513182.jpg



またこの季節が巡って来ましたね・・・
a0216142_2352722.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-04-23 23:52
 今日は雨模様でしたが、昨日、おとといはけっこう良い天気でした。
こちらのサクラは散り始めていますが、まだまだ美しいです。

 春らしい写真を入れておきましょう。

 とある家のチューリップ。ならんだ、ならんだ、チューリップの花が~
 と歌いたくなりますね。
a0216142_20472349.jpg




巨大猫の物置がある家
a0216142_20475162.jpg



満開のサクラ
a0216142_2054935.jpg





並木
a0216142_2054361.jpg



焚火
a0216142_20552746.jpg




たんぽぽ
a0216142_20561615.jpg



水路に浮かぶカイツブリ
a0216142_20563698.jpg



ミツマタの花
a0216142_2171670.jpg



モクレン
a0216142_2185879.jpg



スミレの花咲くころ~
a0216142_2111446.jpg



今、満開中のレンギョウ下の草のベッドで休む花
a0216142_21122446.jpg




ブロックに顎を乗せてたたずむジロ
おいらしあわせです。
a0216142_21131178.jpg




おさんぽに行きましょ!はしゃぐ花。
a0216142_2113599.jpg



サクラとジロ
a0216142_2114439.jpg



ボケの花、枝垂れ桜、ソメイヨシノの三色が美しい近所の家。
ソメイヨシノだけ、外の道に植わっています。
a0216142_21182743.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-04-22 21:18
 おたぬき山では枝垂れ桜も満開です。

おいらと枝垂れ桜、絵になるでしょ?
a0216142_23413044.jpg



あたいの方が絵になるワン。
a0216142_23421534.jpg




二匹並んでハイパチリ・・・
なかなかうまくカメラを向いてくれませんが・・・
a0216142_2342591.jpg




ロッシュくんの家の前で。
顔を見せるロッシュくん。「ここはボクの家だぞ!」
家の前ではしっかり番犬して吠えるロッシュくんです。
a0216142_23464558.jpg




門扉を間ににらみあう、ロッシュくんと花
a0216142_23472180.jpg



おたぬき山のソメイヨシノ
a0216142_23491012.jpg



もう散りかけていますがまだまだ綺麗。
a0216142_23494288.jpg



これはヤマザクラ。ヤマザクラはこれからです。
a0216142_23522582.jpg

a0216142_23573019.jpg


ボタンザクラもこれから。
a0216142_23565715.jpg



ソメイヨシノと枝垂れ
a0216142_2354312.jpg


まだ冬枯れ木立の公園の木。
a0216142_2358573.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-04-21 23:54
 長浜八幡宮にやって来た鳳凰山の曳山。
a0216142_21463524.jpg

山車のてっぺんに黄金の鳳凰が羽を広げ、中国っぽい剣と赤い幟、大きなベルギーのゴブラン織りの見送り幕がインターナショナル。脇にはペルシャじゅうたんがかかっています。
a0216142_21551980.jpg



神社入場するのを待つ、御座船型の猩々丸。
a0216142_222339.jpg



曳山祭り、来年は本祭りの日に行ってみたいです。

長浜八幡宮境内のさくら
a0216142_228587.jpg

a0216142_2282776.jpg



舎那院のサクラ
a0216142_2212314.jpg



大通寺の前の通り
a0216142_2220786.jpg




通りのサクラ
a0216142_22202619.jpg



レトロなよろず屋さん
a0216142_2224093.jpg




昔ながらの時計屋さん
a0216142_22244840.jpg



昔モダンな窓
a0216142_22253696.jpg



千客万来のしめ縄
a0216142_22262389.jpg



羽のはたき
a0216142_22292566.jpg


レトロなものがあふれている長浜の町です。

かと思えば・・・
ゴミの分別が厳しい町のようだ・・・
a0216142_22372112.jpg





長浜城前で人だかり。
何事か!?
a0216142_22355661.jpg




皆さん、わんちゃんをかわいがっていたのでした。
a0216142_22391037.jpg




茶色の大型プードルが珍しいようでしたが・・・
a0216142_22401399.jpg

a0216142_2240449.jpg



八幡宮で見た黒いしばわんこ二匹もいました。
a0216142_22412620.jpg



梅とプードル
a0216142_22572150.jpg



長浜見物、終わります。

a0216142_22425839.gif



おたぬき山のサクラはただ今満開です。
a0216142_22451867.jpg

a0216142_22465610.jpg

a0216142_22472062.jpg



サクラとジロ
a0216142_22494313.jpg


サクラと花
a0216142_22505088.jpg



おいらは花より団子!
a0216142_22524942.jpg



早く帰りましょうや・・・
a0216142_22533039.jpg



近所の枝垂れ桜と花
a0216142_22542340.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-04-19 22:57
 14日に訪れた長浜曳山の様子です。
 商店街をにぎやかに通り抜ける曳山を見物。

 これは、鳳凰山の曳山です。
扇子を持った男たちが前をぞろぞろ歩いています。
a0216142_2336272.jpg



鳳凰山の出し物は、「奥州安達原 袖萩祭文」。
a0216142_23392048.jpg



ここの山車には、16世紀ベルギー製のゴブラン織りがかかっています。
側面にはペルシャじゅうたんがかけられています。
祇園祭でもそうですが、はるばるシルクロードを通ってやってきた珍しい絨毯などが飾られているようでね。
a0216142_2343372.jpg



曳山の後ろに笛吹き隊が続きます。
a0216142_23435552.jpg





これは寿山の曳山。
a0216142_23505042.jpg



壽山の出し物は小磯原雪柵 お静と礼三郎。
どんな筋か見たかったなと思いますが、一つだけしか見られませんでした。
a0216142_23523579.jpg




ここの見送り幕は、イタリアルネッサンス時代の香りがただよう織物。
いろいろな人種が行き来している様子でしょうかね。
a0216142_23561148.jpg




これは猩々丸の山。船の形をしています。
a0216142_00499.jpg

出し物は、御所桜堀川夜討 弁慶上使の段。



見送り幕ではなく、ここのは見送り彫刻。
彫物は中国三国時代の蜀の武将・関羽と張飛の木造彩色像 。
三国志は日本でも読まれていますね。
中国とは縁が深い日本です。
a0216142_053254.jpg



午後から、登り山で長浜八幡宮に四基の山車が集まります。

一番最初に神社へ入ったのは鳳凰山。
a0216142_083066.jpg



かわいい歌舞伎役者さんたち。
a0216142_013544.jpg



引っ張るお兄さんたち。
a0216142_09533.jpg



お囃子の笛を吹く子供たち
a0216142_015326.jpg



方向転換が大変
a0216142_093911.jpg



黒い柴犬二匹がいました。みんなが集まってかわいがります。
a0216142_0113027.jpg




カメラの放列?にポーズをとるわんちゃん
つくづく日本は平和な国だと思いました。
a0216142_0125497.jpg



つづく

おたぬき山のソメイヨシノがきれいに咲いています。
a0216142_0184415.jpg




七~八分咲きです。
a0216142_0191818.jpg



サクラをバックにごきげんな花
a0216142_0195688.jpg



花より団子のジロ
a0216142_0202074.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-04-17 23:56
 源氏の武将、熊谷次郎直光が組み敷いた若武者(平敦盛)が嫡男の熊谷小次郎と同じ年恰好であり、大恩藤の方の子であると知ります。
a0216142_21372333.jpg




首を切られることを覚悟する敦盛。
熊谷は刀を振り上げ、切ろうとしますが・・・
a0216142_2147773.jpg




だめだ、お前を切ることはできない・・・
a0216142_2150286.jpg




熊谷は、敦盛をその場から逃がそうとしますが・・・
平山武者所が「平家方の大将を組み敷きながら、助けるのは熊谷に二心あり」と。
a0216142_22173841.jpg




熊谷は涙ながらに敦盛の首を切り落としました。
a0216142_22184618.jpg



敦盛の首を抱える熊谷。
a0216142_22243229.jpg




そこに、平山に切られて深手を負った玉織姫が登場。
a0216142_2225124.jpg



姫は息も絶え絶えに敦盛の首を一目見たいと懇願します。
a0216142_22285292.jpg




姫は敦盛の首を受け取りますが、その時にはすでに姫は目が見えなくなっていました。
a0216142_22303021.jpg




姫は嘆き悲しみながら息を引き取ります。
a0216142_22321863.jpg



その後、熊谷の家来、堤軍次が登場。
絨毯か洋館のカーテンみたいなごてごてした衣装を着ている軍次。
a0216142_22341211.jpg



軍次は、一ノ谷の合戦において、味方の優勢を伝えました。
a0216142_2243075.jpg




義経公に敦盛の首を差し出すよう亀井三郎丸に命令。
三郎丸、かわいい!
a0216142_2250898.jpg



敵方ながら、姫と敦盛の最期の悲惨さに涙し、念仏を唱える熊谷と家来
a0216142_22532679.jpg




熊谷は、敦盛と玉織姫の死骸を馬に乗せ、首を抱いて世の無常を感じながら戦場を立ち去るのでした。
a0216142_22562083.jpg



見事な出来栄えでした!
本当に面白かったですね。
a0216142_22573252.jpg



ご挨拶する子供たち
a0216142_2258512.jpg



昨年見た長浜曳山は、春日山の釣り女という狂言で、大笑いの連続でしたが、今回は深刻な劇でした。
テレビで平清盛を見ているので、親せきの?敦盛の話はとても興味深いものでした。

去年、舞台が終わると、子供たちは大人に肩車されて退場(始まるときも)していましたが、高砂山は階段を後ろ向きに降りていました。
a0216142_2361922.jpg



長浜曳山次回につづく

長浜城の桜はまだまだ盛りです。
この日(14日)は満開になったところでした。
a0216142_23155933.jpg




午前中は小雨でしたが昼からは晴れてきました。
a0216142_23164448.jpg

a0216142_231741.jpg



しかしなんと梅も満開中!
a0216142_23191190.jpg




今年は梅と桜が同時に楽しめます。
a0216142_23212860.jpg

a0216142_2321314.jpg



ジロと花はお留守番でした。

遅いじゃないか!
a0216142_23243952.jpg



今度はあたいたちも連れて行ってね!
a0216142_23245844.jpg




そんなことより、何かおいしいものおくれよ!
a0216142_23252065.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-04-16 22:35
 先日、長浜曳山祭りを見に行きました。

 子供歌舞伎、高砂山の「ふたば軍記、須磨浦の段 組討ちの場」を見ました。

 曳山の周りは、始まる前からお客さんが集まっています。
a0216142_23241866.jpg




いよいよ舞台の開始です。
劇の前に舞が舞われました。
a0216142_23253330.jpg



舞台方の坊やの挨拶
この子は六歳だそうです。
a0216142_23282897.jpg


(チラシの解説より)時は寿永三年二月、二十余年の栄華むなしく、都を追われた平家は摂津一の谷に陣をかまえる。前方は須磨の浦、後ろは険しい鵯越。

美しい姫君が登場。
平敦盛の許嫁、玉織姫です。(敦盛は清盛の弟、経盛の末子だそうです)
姫は、見失った敦盛を探してさまよっています。
「敦盛様、敦盛様、いずこへ」
a0216142_23342432.jpg



そこへ現れたのが、玉織姫をわがものとせんとする、源氏の武将、平山武者所。
a0216142_2337261.jpg



「敦盛はもう死んだから、わしと結婚しよう」と嘘をついて迫ります。
a0216142_23401646.jpg




「そんなのぜったいにいやです」敦盛様への操を尽くす玉織姫。
a0216142_23415142.jpg



きれいな姫君で、演技もとても上手でした。少年が演じているとは思えない艶っぽさもありました。
a0216142_234916100.jpg




小刀で抵抗する姫に、
「言うこときかないんなら、こうしてやる!」と平山何某は姫に深手を負わせました。
ひどい男ですね。
a0216142_23471650.jpg



敦盛登場。
a0216142_2357462.jpg



平山武者所と一戦交えるが、あまりの強さになすすべなく退散。
a0216142_014357.jpg



その後、源氏の武将熊谷次郎直光が登場。
(先の平山武者所と似た隈取り化粧なので見分けがつきにくかったですが、よく見ると、熊谷さんは縮れ毛です)
a0216142_084236.jpg




敦盛と熊谷の一騎打ちとなるが勝負はなかなかつかず、組討ちとなる。
a0216142_09266.jpg



やがて、熊谷は敦盛を組み敷くことになる。
a0216142_0115173.jpg



長浜曳山まつり、次回につづく



おたぬき山のソメイヨシノが開花しました!
a0216142_0155685.jpg

a0216142_0171440.jpg

a0216142_0182531.jpg


つぼみの赤と開花した花のコントラストが美しい。
a0216142_0191561.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-04-15 23:50