ジロと花の散歩道③ jirohana22.exblog.jp

愛犬を中心とした生活日記


by jirohanagenki
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

だいぶ色づいた柿。早いですね。我が家の柿はまだ青くて食べられません。
a0216142_23373966.jpg



少し黄色くなりかけた街路樹。
a0216142_23434197.jpg




すすき
a0216142_23454345.jpg

a0216142_23461466.jpg



尾根道を歩く花
a0216142_23474124.jpg



小道を行く花
a0216142_23481321.jpg



ススキににおいを残すジロ
じょんじょろ・・・
a0216142_23495430.jpg



a0216142_23504355.gif


最近新しく作業所に入ってきた青年が作った折り紙の球
a0216142_23544737.jpg

 非常に緻密に、折り紙を重ねて作ったものです。
その青年は32歳で元歯科技工士。しかし十年ほど前に、発作で倒れてから、それ以前の記憶はあるのですが、新しいことが覚えられなくなってしまいました。つまり倒れるまでの記憶しかなくて新しいことが頭に入って来ないのです。(身体的には正常)
今あったこと、今日のことが覚えられない。
話をすると、普通の青年で(二十歳くらいに見えますが)言葉もふつう。
技工士の技術も覚えていて非常に精密な作業ができる実に器用な人なのですが、新しい記憶が持てないので技工の仕事することができません。なので、障害者の作業所で働いているのです。

 彼には毎日が初めての経験になるのだろうか?毎日、初めての作業所にやってきて、昨日会ったメンバーなのに、初めて会うかのように感ずるのだろうか?と思っていましたが、よく聞くと、そこまでではないようです。
 繰り返してやっていると覚えていくようで、作業所へも最初はお母さんと一緒でないと来られませんでしたが(道を覚えていないので)今なら隣町から一人でくることができますし、周りの仲間のことも覚えているようです。
毎日、ここはどこ、みんな誰?と言う感じではありません。
私も彼に私の顔を覚えてもらいたくて、よく話をします。
また話をしていると、少なくとも一時間は記憶が続いているようで、トンチンカンなことは全く言いません。
知的障害はないので、理解力もふつうです。

 彼は一冊の写真帳を持っていて、よく中を見せてくれます。そこには彼の兄弟の写真や彼が倒れる前に作った技工作品など写真がたくさん入っていて、どれも説明書きが貼ってあります。
青年が自分自身を失わないように、頑張っているのだと思います。(倒れる以前の記憶は残っているし)
 ところで、今日は宇宙人の形をした録音できるおもちゃ?を持ってきていました。得意げに何度も自分の声を録音して聞かせてくれました。
「これどうしたの?」と聞くと「ゲームセンターで当たった」と言うので、それの記憶はあるようです。
 こういう人に早く良くなればいいですねなど薄っぺらなことなど決して言えませんし(たぶんもう治らない)、親御さんはどれだけ心配されているだろうと思います。
 先日、七十代のお母さんが五十くらいの知的障害の息子(軽度の知的ハンディーがあって、働いている)のことが心配で、「この子より三十分長く生きたい、子供に先に死んでほしいなんてひどい親と思うかもしれんけど、この子を残して絶対に死ねない」と苦しい胸の内を語ってくれました。いつも「あんたらには分からんでしょうけど」と前置きをされてから話されますが、こちらも本当にその通りなので、ただ話を聞くことしかできません。
 ただ自分のできる範囲でお手伝いするしかありません。

記憶することができない青年がくれた小さな精密な紙の球は、青年が今も手先が非常に器用だと言う証しです。彼のパワーなのです。小さな紙の球は宝物として大切にするつもりです。
 
[PR]
by jirohanagenki | 2011-09-29 23:54
 先日、ポーランド語の先生Jさんの家にレッスンに行ったとき、ポーランドの土産をいただきました。
 先生は、夏休みに子供を連れてポーランド・レジャイスクに三週間ほど里帰りしていました。その間、長男は幼稚園(夏休み中ですが、開いていたらしいです)に通って、忘れかけていたポーランド語が復活したそうです。

 先生からのお土産はこれ。
キイチゴやイチゴのお茶。
赤くてけっこうおいしいです。
a0216142_23462227.jpg



私の好きなジュレックスープの素、香辛料など。
a0216142_0185675.jpg



チョコレート。ウェハースにチョコレートがコーティングしてあるチョコレート。
これは日本の方がおいしい。
a0216142_23475421.jpg



絵本(カエルの王子と白鳥の湖)と人生についての箴言集。
教材になるんだけど、難しすぎます。がんばらなくっちゃ。
a0216142_019447.jpg



でもこの絵本、
かえるの王子のお姫様の顔が怖い。
日本のお姫様のイメージは、「か弱く美しい」イメージですが、この挿絵はたくましく強そうなお姫様。
また、掛布団がお姫様にしては貧乏くさい。ゴージャスじゃない。
a0216142_092053.jpg




それに王子の顔がおっさんくさい。(人柄は良さそうですけど)
日本の童話の王子のイメージは「若くてシャープなハンサムでスタイルよくて、白馬にまたがり、白いタイツをはいている」よね?(まだ読んでないんでこの人、家来かもしれないけど?でもカエルの王子のストーリーは知っているんで,話の展開上、王子だと思われ)
a0216142_0102594.jpg



結婚式?も中年の再婚夫婦みたいな感じでロマンがない。
a0216142_0125678.jpg



白鳥に乗る極めて庶民的なオデット姫。普通のそこらのおねーちゃんじゃないか!?
a0216142_0153973.jpg




それから六月に奈良に案内したJさんのポーランドの親戚の人からもお土産をいただきました。
手製の首飾りと、白い丸いハンカチ、蜜蝋でできた亀のろうそくです。
亀のろうそくはいい香りがします。
招き猫は私のコレクション。
a0216142_2351563.jpg



a0216142_23525688.gif


野原での花
a0216142_23562616.jpg


a0216142_23581648.jpg

a0216142_23584015.jpg

a0216142_23593657.jpg


ジロ
a0216142_00118.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2011-09-28 23:56
 野原の彼岸花が美しく咲いていました。
a0216142_22174717.jpg


本当にきれいです。
a0216142_22183086.jpg



日の光を受ける彼岸花
a0216142_22205990.jpg



稲が刈り取られた田んぼ
a0216142_22212219.jpg



稲わら
a0216142_22214582.jpg



コスモス
a0216142_22222119.jpg



a0216142_22232981.gif



散歩でご近所わんこのティアラちゃんに会いました。

嬉しそうに近づくティアラちゃんと花
a0216142_22254444.jpg



こんにちはとごあいさつ
a0216142_2227951.jpg



あんた、また大きくなったわね。(花が言いました)
a0216142_22333069.jpg



垂直跳びをするティアラちゃん
ジロと花は固まっています。
a0216142_22285725.jpg



飛び跳ねるティアラちゃんに圧倒されるジロと花
a0216142_22311298.jpg



こら、おとなしくしなさいと、飼い主さんに注意されるティアラちゃん。
こわくないもんね!
a0216142_22321412.jpg



別な時に、ラブちゃんと久しぶりに会いました。

ごっつ久しぶり!
a0216142_22353790.jpg



ラブちゃんはこの夏、体調を崩して、あまり外へ出られませんでした。
涼しくなって、だいぶ回復したようです。
a0216142_22371147.jpg



いつものように、ラブちゃんはくにゃくにゃしています。
a0216142_2239872.jpg



あら、もうおしまい?
今日はあっさりしてるわね・・・
a0216142_22394314.jpg



夕日を浴びる二匹。
神々しい?オーブみたいなのは、レンズゴーストです。
a0216142_22465069.jpg



夕日の木漏れ日の中を歩く
a0216142_22481610.jpg



ジロ
a0216142_2249941.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2011-09-27 22:51
 音夢ちゃんの写真が届いたので紹介します。

 この前の台風の時、家の中に入れてもらったの!
a0216142_23514876.jpg



びゅうびゅう風が吹いてたけど、お家の中だからへっちゃらだったわよ。
ああかいい、かいい!虫がわいたのかしらん!
a0216142_2353493.jpg



台風が去って、涼しくなったからお散歩行きたくなったわ!
a0216142_2354122.jpg



暑いときはお散歩行きたくなかったのよ。飼い主さんが散歩へ行きたがるんで、仕方なく付き合ってただけ。
a0216142_23554287.jpg



でも涼しくなったら、散歩が楽しくなったの。
へへへ
a0216142_235762.jpg



でもちょっと一休みしたいわん。
a0216142_23573852.jpg




何かおいしいもん、落ちてないかなあ?
a0216142_2358524.jpg



あああ!どんぐりめっけ!
a0216142_23583328.jpg

でも食べられないわね!小さくてかたいだけだわ!
[PR]
by jirohanagenki | 2011-09-26 23:56 | お友達わんこ
 ポーランド・ポズナニ市の友人Bさんからクラクフ旅行の写真が届いたので紹介します。

古都クラクフはとても美しい街です。
a0216142_22253046.jpg



ハトがいますね~
フン害もあるだろな?
a0216142_22431485.jpg



おばさんというのは、いずこも同じ・・・
a0216142_22444362.jpg




バルーンでいろいろ作る大道芸人。
右上の人の顔のポスターが並んでいるのは選挙の立候補者らしい。
選挙候補者のポスターって、いずこも似ている。
いやに、にこにこした人の大きな顔、
やります!といったポーズをとった人の写真やら・・・
a0216142_2246351.jpg



聖マリア教会
ネットによると「1222年に建てられたゴシック様式の大教会。かつてモンゴル軍がクラクフを襲撃した時、教会の塔にいたラッパ手がそれを知らせるためラッパを鳴らしている最中に矢で喉を射抜かれ死んだ。それにちなんで今でも1時間ごとに塔の上からラッパが鳴らされ曲の途中で終わる…。」だそうです。
この話は有名です。
それにしてもモンゴル軍はこんなとこまで攻めてきたのか・・・
a0216142_2251534.jpg




聖フランシスコ教会
a0216142_22533547.jpg


聖フランシスコ教会のステンドグラス。
ポーランドのアールヌーヴォー画家、スタニスワフ・ヴィスピアンスキが描いたもの。
迫力ありますねえ。。。。
a0216142_22553531.jpg



これもそうらしいです。
a0216142_22573237.jpg

a0216142_22582660.jpg



クラクフの馬車。美しい馬車だ!
a0216142_2303067.jpg



馬の飾りがきれいです。
ところで、馬糞の始末は誰がするのかな?
a0216142_2312621.jpg



骨董市
a0216142_2332269.jpg


良い食器が出てますね。
a0216142_23475.jpg



古そうな?雑貨類
いわくつきの因縁がついたものもありそう。怨念の付いてきそうなものも?!
私はこういう物を見るのは好きですが、買って家に持ち帰るのは好きではありません。
前の持ち主の念がこもってそうで怖いのです。
a0216142_2344326.jpg



壺でしょうかね。何に使うのかね?
a0216142_235346.jpg



いずこも同じ、お菓子屋さんの陳列棚
おいしそう!
a0216142_238865.jpg


a0216142_238395.gif


ジロと花の写真も入れておきましょう。

ややや、あたいがもう一匹いる!?
a0216142_23115810.jpg



四匹?!
a0216142_23122749.jpg



すすきとジロ
a0216142_2314088.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2011-09-24 23:15 | ポーランド関係
 田んぼでは稲が実っています。
a0216142_23152968.jpg



刈り取った田んぼ。
a0216142_23161394.jpg




藁を乾かしています。
a0216142_23173090.jpg



藁で作った子豚の家は、すぐ吹き飛ぶだろな・・・
a0216142_2323983.jpg



手前はツユクサ。
向こうは刈り取ってない田んぼ
a0216142_23205077.jpg



田んぼのサギ
a0216142_23241242.jpg



木の上のサギ。
この二羽の関係は?
恋人かね?
a0216142_23264453.jpg



左のグレーのサギに聞いてみた。
「あんた下向いて何しとるん?」
「シラサギちゃんがおいらのこと、かまってくれないんで、すねてるんや」
a0216142_2325095.jpg



あらら、もうどこかへ行くの?
「チェ!ふられちまったぜ」
右のシラサギはずっと同じ格好で、グレーのサギを無視してます。
a0216142_23282557.jpg


a0216142_232927100.gif


台風が過ぎて晴れた朝。
朝日を浴びるジロ
a0216142_23324569.jpg



ごきげんの花
a0216142_2333336.jpg



ジロ
散歩だいすき。
a0216142_23333156.jpg


増水した小川で水を食む花
a0216142_23353597.jpg



近所のススキ
a0216142_23382756.jpg

庭に生えると、小さいうちに刈り取るススキですが、
外で見る分には風情があって秋らしい。
a0216142_23391220.jpg



ミズヒキソウの道
a0216142_23464171.jpg



黄色い可憐な野草
a0216142_2347571.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2011-09-23 23:48

2011年9月21日(水) 台風

 近畿地方は台風が過ぎましたが、関東以東はこれからが大変なようです。
ニュースで、東京の夕方のラッシュ時に電車が停まり、駅前に人が大勢溢れているのを見ました。本当に人口が多いと改めて驚きました。また、東京は地下鉄や地下街が発達しているので、洪水のときは心配ですね。
 また、被災地で被害がこれ以上増えないように祈るばかりです。

 

a0216142_21314056.gif

 おたぬき山は朝は、かなりの風と雨でした。
a0216142_21235622.jpg



夕方、近所の小川を見に行きました。

石で作った橋が流されていないか心配だったので・・・

橋は大丈夫でしたが、増水で橋は相変わらず渡れませんでした。
それで石をまた積んで少し高くしました。
a0216142_21255073.jpg

 

この先は絶壁で、滝になっています。
いつもより大きな轟音です。
a0216142_21265365.jpg

a0216142_2128069.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2011-09-21 21:29
 台風がまた来ています。
おたぬき山は今のところ、雨が降っているだけです。
近所の小川の水量が増えました。
a0216142_22184620.jpg



石を重ねて作った橋は流されていませんが、水かさが増えて渡れません。
a0216142_22193159.jpg



道に水が流れている程度ですが・・・
a0216142_22201888.jpg



がけ崩れの可能性があるので、早々に引き上げました。
a0216142_22204761.jpg


a0216142_22214859.gif


先日、散歩でにゃんこさんに会いました。
黒いにゃんこさんです。
a0216142_22442858.jpg



人に飼われて猫さんでしょうね。おっとりしています。
a0216142_2224393.jpg



ジロとごあいさつ。
a0216142_22243650.jpg



別の時、またティアラちゃんに会いました。
あーら、わたち、テアラよ~
a0216142_22265264.jpg



どうしてたの?ティアラちゃ~ん
a0216142_2227541.jpg



雨が多いねえ・・・花と話をするティアラちゃん。
どさくさまぎれにジロはティアラちゃんのお尻のにおいをかいでいます。
a0216142_2229146.jpg



ティアラちゃんアップ
a0216142_22302287.jpg



ティアラちゃんもおかえし!?
a0216142_22295144.jpg

a0216142_22315922.jpg


暑い日、小川でくつろぎました。
a0216142_22352825.jpg

a0216142_2240173.jpg


機嫌の良い花
a0216142_2241207.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2011-09-20 22:42
 信州旅行最終回です。
 
軽井沢ムーゼの森のおもちゃ博物館に行きました。
a0216142_2327162.jpg



小雨が降っていたので、観光客がけっこう多かったです。(雨なのでサイクリングなどにいけない人たちが屋内の見世物にやってくる)
写真ではあまり人は見えませんが中に入ると混雑していました。
a0216142_2331236.jpg


ちょうど私の好きなミニチュアルーム展を催していたので行きました。
a0216142_23332374.jpg



ドイツのミニチュアルームで、さすがよくできていました。


色々な職業の人の木製の人形。
a0216142_2336173.jpg



以前、この作り方で和風の部屋になっていたものが軽井沢で売られていました。
今思えば買っておいたら良かったです。
a0216142_23375054.jpg



これは人形の大きさが一センチほどの小さいものです。
非常に精密。
a0216142_23411374.jpg



おとぎの国。
a0216142_23415625.jpg



ミニチュア家具。よくできています。
a0216142_23424541.jpg

a0216142_23443771.jpg


ムーゼの森から車で数分の軽井沢植物園です。
a0216142_23461536.jpg



それほど広い敷地ではありませんが、軽井沢周辺の植物が集められており、植物が好きな人にはたまらないでしょう。

a0216142_2349083.jpg


レンゲショウマが開花中でした。
つぼみが愛らしい。
a0216142_23495983.jpg


オミナエシ?かな。
私は花は好きですが、名前が覚えられません。
a0216142_235185.jpg



ここにもフシグロセンノウが。
a0216142_23522938.jpg



ナデシコの花。なでしこジャパンはこれから来てるんですね。
a0216142_083581.jpg



植物園のすぐ近くにはオリンピック記念のモニュメントがあります。
向かって左側が東京五輪(1964)の聖火台。右が長野五輪(1998)の聖火台。
a0216142_23541825.jpg



東京オリンピックの時は軽井沢で馬術競技が行われたそうです。
団体五位のソ連という国名が妙になつかしい。
馬術は日本ではあまり流行っていないので、日本は弱い。
欧米の競技だと思います。
a0216142_23564681.jpg



この建物は町立の公民館です。
長野五輪の記念館も併設してありました。
a0216142_00684.jpg

グラウンドが近くにあり、学生の練習する声、公民館からは何かの試合の騒ぎ声が聞こえ、にぎやかでした。観光地でなく、地元の生活感が息づく場所です。


南軽井沢の発地(ほっち)は畑が多くて静か。
a0216142_023439.jpg

a0216142_04814.jpg



雨が降るとあまり外歩きをさせてもらえないや。
a0216142_052336.jpg



もう車に乗るのはいや!(雨の中、ごねる花)
a0216142_063722.jpg




最後に軽井沢で出会ったわんこたちを紹介しましょう。

旧道で会ったチワワちゃん。

なんて格好してるんだい?と驚くンジロ。
a0216142_0112113.jpg



飼い主の趣味よ。もうひとつでしょ?
コソコソささやく二匹。
a0216142_0125781.jpg



軽井沢一本松付近で会ったラブラドールの子犬さん。
子犬と言っても、ジロと花くらいの大きさで、
近所のティアラちゃんに似ています。
a0216142_016970.jpg

a0216142_0142256.jpg



かわいいね。
a0216142_018668.jpg



どさくさまぎれに、股ぐらに頭をつっこむジロ
a0216142_0172462.jpg



雲場の池の前にいた、乳母車に乗った犬たち。
目立っていました。かわいいですね。
a0216142_019271.jpg



信州軽井沢方面の旅、本当に楽しいものでした。
ジロと花が一緒だから特に楽しかったと思います。
また行こうね。
a0216142_0213428.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2011-09-15 23:55 | お出かけ
 信州旅行シリーズ、
 軽井沢の銀座と呼ばれる旧道へ行ったときの様子です。


 仮装して写真を撮る店の看板犬(かどうか?)と向き合うジロ
向かって右側に飾ってある写真を見ると、この店で昔の外国風の服装を着せてもらって写すようです。
a0216142_23463175.jpg



これが有名な軽井沢銀座、旧道と呼ばれている通り。
a0216142_23482661.jpg



軽井沢は中山道の宿場町でした。
この通りはその昔、宿が立ち並んでいたそうです。本陣も、あったそうですが、今はその面影もありません。
a0216142_23524450.jpg



有名なモカソフトクリームで有名なミカドコーヒー店が見えます。
この日も行列ができていました。
a0216142_23555450.jpg



安いって分かりやすく書かれた店。
a0216142_23581215.jpg



ハチヒゲおじさんの店。おじさんの首から下に、ハチがたくさんいて、髭みたいになっているのが分かりますか?刺されれないのかな?
はちみつ店。
a0216142_23593161.jpg



かわいいわんこのぬいぐるみなどが売られている店
a0216142_003590.jpg



ここも、昔風の西洋衣装を貸して撮影してくれる軽井沢写真館。
昔風ドレスを着てドライブして帰ってきたところみたいです。
a0216142_011323.jpg



ドレスを着た女の子が車から降りて、そそくさと店に引っ込むところ。
ボンネットドレスをまくり上げるので、下にはいているズボンが丸見えで変な感じでした。
そういうもの着るんなら、もう少しお上品に歩いてほしいな。
いろいろなドレスのカタログが写っています。どれか好きなのを選んで着せてもらうんでしょうね。
a0216142_0152448.jpg



昔からある土屋写真館。皇室の人のテニスコートでの写真など売っています。
以前に、ここで現像を頼むとめちゃくちゃ高いと聞いたことがあります。
今は知りませんが。
a0216142_074976.jpg


ここは中山道なんだとアピールしているようですね。
a0216142_0203520.jpg



人力車。
a0216142_0225837.jpg



以前からある和菓子店、ちもと。
今も人気。
a0216142_0255534.jpg



通りの奥に、つるや旅館の看板が見えます。
a0216142_0264870.jpg

つるや旅館は、江戸時代初期に建てられた旅籠鶴屋が、明治時代からつるや旅館になったそうです。
a0216142_027456.jpg



つるや旅館の前の道をどんどん行くと、碓氷峠に出ます。峠の向こうは群馬県。
店の中が県境になっている力餅の店があります。熊野神社も県境に建てられ、向かって右の社が群馬側、左が長野県となっています。
碓氷峠へは、以前に何回も力餅を食べに行ったことがありますので、今回は行きませんでした。
a0216142_0332733.jpg



 以前は、木彫りの土産物屋や「らくやき」の絵付けをする店が多かったのですが・・・
軽井沢には軽井沢彫りという桜の木の模様を彫りつけた家具などがあります。
軽井沢彫りの棚
a0216142_0392633.jpg



旧道と平行に走る奥の通りに、聖パウロカトリック教会があります。
ここも見物しました。
a0216142_0415029.jpg


教会の庭に、道祖神風なマリア様の石がありました。
a0216142_0433038.jpg



おいらは町の仲は苦手だ。
a0216142_0442033.jpg



次回は信州旅行シリーズ最終回です。
[PR]
by jirohanagenki | 2011-09-13 23:54