ジロと花の散歩道③ jirohana22.exblog.jp

愛犬を中心とした生活日記


by jirohanagenki
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:お友達わんこ( 37 )

 先日、またティアラちゃんとチャメちゃんに会いました。

 おおおお、また会いましたな!
あららら!
a0216142_22414951.jpg




花「チャメちゃん、元気にしとった?」
チャメ「うううう!近づかんといて!」
a0216142_22441099.jpg





花「怖がらんといてーな。仲良くしよな」
チャメ「いやや!」
a0216142_22451560.jpg




チャメ「くわばらくわばら」
ティアラ「花ちゃん、またチャメちゃんを脅かしたね!」
a0216142_22475274.jpg




ティアラ「花ちゃん!チャメちゃんにかまったらあかんの!下がりなさい!」
花「おおこわ!」
a0216142_22492051.jpg




ジロ「てあらちゃん、ちょっときびしすぎやで!」
a0216142_2251364.jpg




ティアラ「あたしはチャメちゃんを守ってるねん」
a0216142_2253539.jpg




ティアラ「なんか文句ある?」
ジロ「ありません・・・てあらちゃん、こわいな」
a0216142_22563884.jpg




ティアラ「てあらじゃなくて、ティアラだって言ってるでしょ!」
ジロ「はいわかりました・・・」
a0216142_22583226.jpg




ティアラ「そんな純情ジロちゃん好きよ!」
ジロ「おおそうかい?」
a0216142_2305460.jpg




チャメ「みんなもっとサイズがあたちくらいだったらいいのにね。みんなでっかすぎだわさ」
a0216142_2341295.jpg




入道雲
a0216142_23111654.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-09-08 23:10 | お友達わんこ
街中で出会ったわんこさんを紹介します。

 黒い柴わんこ、りんちゃん。
ご主人と一緒に、山の奥にある滝まで毎日歩いているとのこと。
地下通路で飼い主さんと共に休憩中の時に会いました。
a0216142_23161897.jpg




りんちゃん、最初、床に寝っころがっていたのですが、
カメラを向けるとむっくり起き上がり、ポーズをとってくれました。
a0216142_23192499.jpg



飼い主さんを見上げる信頼と信愛に満ちた表情!
a0216142_23183360.jpg


本当に愛らしいですね。



これは、行きつけのお花屋さんのクーラーの効いた店内に「暑さ避難」している近所のわんこさんのぽぽんたくん。
a0216142_2320547.jpg




たくさん撮ったのに、ピンボケ写真ばかりで良い表情が撮れませんでした。
人懐こい、キュートな顔のわんこさんなのに・・・
a0216142_23214581.jpg




もう写すのはやめてくれ!プライバシーを詮索されるのはきらいだ!
a0216142_23223085.jpg




まだ写しとんのかい!
a0216142_23225938.jpg




黒しばさんが避難しているお花屋さんはなかなかおしゃれです。


こんな園芸雑貨を売ってます。
a0216142_23272651.jpg




後ろのモザイクの飾りもかわいいです。
a0216142_23274925.jpg




置いておくだけで楽しそうなジョウロなど。
a0216142_23284023.jpg




この窓が素敵。
a0216142_2329279.jpg



ジロと花の写真も入れておきましょう。


今日はそっちへは行きません!
a0216142_23304912.jpg




このコースもいやです!
a0216142_2332855.jpg




ミンミンゼミがまだたくさん鳴いていました。
a0216142_23325775.jpg




なんと言っても小川で涼むのが一番ね!
a0216142_031472.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-09-06 23:14 | お友達わんこ
やはり九月に入ると、ずいぶんしのぎやすくなりました。

秋らしい青い高い空とうろこ雲
a0216142_22402050.jpg



それでもがんばる入道雲
a0216142_2320288.jpg



雲、雲、雲・・・
a0216142_23205094.jpg




池に映る入道雲
a0216142_22435735.jpg




花と池
a0216142_22442166.jpg




夕方の散歩で、はなちゃんに会いました。

おおお、また会いましたな!
a0216142_22451443.jpg




そこへナットくんもつかつかと登場!
「やあはなちゃん!」
はなちゃんは、はにかんでいます。
a0216142_22461437.jpg





つづいてファルコくんも来ました!
みんなにこにこ上機嫌!
a0216142_22502963.jpg




ファルコくんにホットなあいさつをされ、びびる花
a0216142_22512719.jpg



やあジロ!
嬉しそうなファルコくん
a0216142_22525350.jpg




ジロと花にチュッチュされるファルコくん
右奥のはなちゃんの表情がキュート
a0216142_2257134.jpg




珍しくナットくんが花にご挨拶。後ろのはなちゃんの顔がかわいい。
a0216142_22594694.jpg




にらみあうジロとナットくん。
この後、ナットくんは吠えだしましたが、ジロは吠えませんでした。
ナットくんは「遊ぼうよ」と吠えているようです。
a0216142_2323133.jpg



なかよくしましょうや!
フレンドリーなファルコくん(真ん中)
前はよく吠えたナットくんも、最近は馴れてきたようです。
a0216142_235070.jpg



みんなに会えて楽しかった夕方のお散歩でした。
a0216142_2312992.jpg





我が家のサルスベリ
a0216142_2383750.jpg

a0216142_2384937.jpg



a0216142_2323131.gif



ロッシュくんカード
a0216142_23235017.jpg

a0216142_23242415.jpg



ティアラちゃんチャメちゃん
a0216142_2324568.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-09-04 23:13 | お友達わんこ
 先日、散歩でごんちゃんという犬に会いました。
少し前に一度見たことがありますが、挨拶するのは初めてです。


ジロと花は驚いて言いました。
「き、きみはいったい、誰やねん!!」
a0216142_2324770.jpg




ぼくはごんちゃんだよ~
a0216142_234338.jpg




ジロ「へええ?ごんちゃんというんかい?」
花「単純な名前でおぼえやすいわん」
ごん「ぼくは生まれて十か月なんだ!」
a0216142_234375.jpg




大きくても十か月。
まだ体全体、まるまるふわふわして、子犬の雰囲気残してます。
本当にかわいらしいわんこです!
a0216142_2353567.jpg





花「あんたも顔大きいのね」
ごん「きみが小さすぎるんやないの?」
a0216142_2364744.jpg



ところで、ごんちゃんの飼い主さんは、ジロと花を見て尋ねました。
「何犬ですか?」
「雑種ですよ」と答えると
「へえ。雑種?雑種にしたらかわいいですねえ」
雑種にしたらとは何事?と内心思ったので答えました。
「雑種が一番かわいいと思います」(本当にそう思ってます)


ジロと花は時々犬種を聞かれます。雑種と答えると、
「そんなことないでしょう。かわいいし」と言われたことが何回かありました。
さらに山で拾った野犬の子供ですと言うと、えええっと驚かれます。
 雑種はかわいくない、と言われているような気がします。
あるいは最近は雑種が珍しいので身近でないがゆえに悪いイメージがあるのかもしれません。
また、純血種でない犬は問題外に思っている人が少なくないのも承知です。
でも人間の肌の色が違っても、心や魂に変わりはないように、犬も同じだと思います。
 
ジロと花は子犬の頃から無駄吠えをほとんどしません。一歳になるまでジロの声がどんなだか分らなかったくらいです。花も大人しい方です。無論、番犬として猫や見知らぬ人に対しては吠えてくれます。

 野良犬たちの世界で、無駄吠えする犬は淘汰され、静かに騒がない用心深い犬が残っていったのではないかと思っています。
ジロと花を保護したころに、野犬たちの群れに接し、人に飼われていない犬たちの秩序や知性に驚いたものです。ボス犬には品格さえ感じました。
 しかし現実は厳しく、保護したジロと花と三匹の兄弟以外の野犬たちは人間の手によって捕獲、殺されてしまいました。
 野犬は怖い、というイメージがあるのも無理はありません。が、野犬を生み出したのも人間。おたぬき山の野犬の場合、人間が山へ不要になった犬を捨てたことによって増えたのですから。




 近所のカニさん
手前は花の足
a0216142_23344189.jpg
 



近所のネコさん
a0216142_2336769.jpg




池に映った青空
a0216142_23384331.jpg




ジロ
a0216142_23414946.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-08-28 23:00 | お友達わんこ
 毎日暑い日が続いています。


 庭に植えていたゴーヤの実が二つできました。
大きくなるのを待っていたのですが・・・
↓このサイズのままいっこうに大きく育たないなと思っていたら・・・
a0216142_23121321.jpg




昨日、突然破裂!?
a0216142_2313359.jpg

おたぬき山の気温、日中は暑くても、夜間はけっこう冷えるのでやはり南国のゴーヤが大きくなるのは無理のようです。


朝からけっこう暑い日の散歩中、ロッシュくんに会いました。

ロッシュ「やあ、君たち、暑いね!」
a0216142_2320336.jpg




ロッシュ「くんくん・・・ジロは元気そうだね」
ジロ「お尻でわかるんか?」
ロッシュ「ぼかあ、お尻で診断するのさ」
ジロ「へえ、君いつから医者になったんだ!?」
a0216142_23233273.jpg




ロッシュ「犬の勘だよ、勘!」
a0216142_2325411.jpg




ジロ「ロッシュくんは意外とインテリらしい」
花「あたいだって、お尻のにおいで相手のことくらいわかるわよ!」
ジロ「それにしてもなんや、この暑さは!」
a0216142_23263353.jpg



小川に足を浸すジロ
「これが最高です!」
a0216142_23274544.jpg



またまたティアラちゃんとチャメちゃんに遭遇!

あらら!
おやおや!
a0216142_23285951.jpg



花「ティアラちゃん、あのね。あたいね、お尻のにおいであんたを診断したげよか!」
ティアラ「別にそんなことせんでもええわ」
こそこそ話す二匹の後ろで、チャメちゃんが気張っております。
a0216142_23324073.jpg




花「くんくん、ティアラちゃん健康やね」
ティアラ「へえ、もう分かったん?」
a0216142_23333963.jpg




チャメ「ああ~すっきりしたわん!」
a0216142_23342234.jpg




花「ティアラちゃんはもう大のほう、もうすませたの?」
ティアラ「まだよ!花ちゃん、今においかいだとこなのにわからんの?」
花「そういえば、くさくなかったわん」
a0216142_2337098.jpg



庭の小さなバラが咲きました。
五月ごろに一度咲いたのですが、毛虫によって茎だけになってしまい、全滅。
八月に入って、再び葉が出て花が咲きました。
a0216142_23424734.jpg

a0216142_23434078.jpg



 昨日はお手伝いしているハンディー者の福祉作業所で、炭坑節やハワイ音頭を皆で踊りました。踊りの指導(とはとても言えない、インチキな振付)は私がしているのですが、実に難しい。
 youtubeでやっとこさ振付を覚えたんですが、日本の音頭の踊りというのは、メロディーとは無関係に同じパターンの振りを終わるまで繰り返すやり方なので、私にはとても難しいです。
作業所は冷房がきいていて、涼しいんですけどね、一つ踊ると汗びっしょりです。
大声で、説明しながら踊ります。例えば炭坑節などは「掘って~掘って~かついで、かついで、下がって下がって」などと怒鳴りっぱなしです。自分で言いながら途中でさっぱりわからなくなったりするんですね。
「なんかおかしいやないか」「もっとまじめに」などと言われながら、踊りの上手なパートさんと一緒に頑張っています。
a0216142_014618.jpg



 
[PR]
by jirohanagenki | 2012-08-24 23:08 | お友達わんこ
 先日、散歩で久々にジンジャーくんと会いました。

あららら!まずジンジャーくんに花が接近!
a0216142_23164787.jpg




おおお、ごっつ久しぶりやん!
ジロも一緒にご挨拶!
a0216142_23191147.jpg




ちょっとにらみ合った感じのジンジャーくんとジロ
内心、大丈夫かなと心配しましたが・・・
双方吠えることもなく無事。
a0216142_23212099.jpg




花を見つめるジンジャーくん。
やや表情がほころびましたが、花は若干緊張してます。
a0216142_23241798.jpg




先ほどから、ジンジャーくんの向こうで興味深そうに見ていた茶色のわんこさんとご挨拶。
a0216142_23261097.jpg




「あたし、はなよ」
「あらあ、あたいも花というのよ!」
偶然同じ名前でした!
a0216142_23265957.jpg




柴系雑種のはなちゃん、かわいいね。
a0216142_23275444.jpg



暑いですが、秋の雲が・・・
もうじき九月…早いなあ・・・
a0216142_23305671.jpg



ネコジャラシが咲いています。
そしてお盆前からチラホラ鳴いていたツクツクボウシが増えてきました。
a0216142_23331317.jpg



国道沿いの百日紅
a0216142_23354286.jpg

a0216142_2336418.jpg



針葉樹の木々
a0216142_23415325.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-08-22 23:30 | お友達わんこ
 先日、朝の散歩でティアラちゃんとチャメちゃんに会いました。


 愛想の良いティアラちゃんはまずジロの顔を見て
「ジロくん、暑いわね。景気はどうですかあ?」
ジロ「ありがとさん。まあぼちぼちでんな」
a0216142_14584739.jpg




次にティアラちゃんは花の顔を見て
「花ちゃん、どうしてはりますん?」
花「あたいは元気よ」
a0216142_1503619.jpg




ジロ「てあらちゃんもえらい元気そうやんか」
ちゅっちゅっちゅ!
a0216142_154694.jpg




ティアラ「あたしの名前はてあらやない!ティアラや言うでるでしょ!早く覚えなさいよ!」
ジロ「そんな難しい発音、おいらできません」
a0216142_155618.jpg




ジロ「おおお、チャメちゃんも来てはりましたか!」
a0216142_1572568.jpg




チャメ「あたちのことはほっておいてちょうだい!ブルブル・・」
a0216142_1514678.jpg




ティアラ「ジロくん!!チャメちゃん怖がりだからおどかしたらあかんの!」
ジロ「おどかしてません!ただのご挨拶ですがな」
a0216142_1595936.jpg




花がチャメちゃんにご挨拶
「ハロー、チャメちゃん!あたいなら怖くないでしょ!」
a0216142_15113866.jpg




チャメ「いいえ、あんたもこわいです!」
a0216142_15131480.jpg




チャメ「みんなあたちより大きくて暴れん坊だから、安心できないわん!」
a0216142_15153646.jpg

ティアラパパさんのお家に来て二か月ほどのチャメちゃんはまだティアラちゃんにも馴れないそうです。

キュートなチャメちゃん、早くなれるといいね!

a0216142_15194217.gif


別の時、ロッシュくんにも会いました。


けっこう元気そうなロッシュくんです。
a0216142_15231835.jpg




視線を避けるロッシュくん。
ジロ「おいらのことは苦手なようです」
a0216142_152441.jpg




でもジロがよそ見をすると、
しっかり「ちら見」しているロッシュくんなのでした。
a0216142_15244632.jpg




青々実る田んぼが美しい八月です。
a0216142_15272455.jpg

a0216142_15273480.jpg




真っ青な夏空
a0216142_15291275.jpg



百日紅満開。暑い毎日です。
a0216142_15293920.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-08-17 15:33 | お友達わんこ
ティアラちゃんたちに会いました。

おはよう!
ティアラちゃんはジロを見ていますが、ジロはチャメちゃんを見て、チャメちゃんは怖がって固まっています。
a0216142_0262749.jpg




花(右下)も来ました。
ジロはティアラちゃんに
「あんた、朝から何くわえとんねん」と聞きました。
a0216142_0273471.jpg



ジロ「なんやただの枯れ枝やんかい」
a0216142_028164.jpg




得意げなティアラちゃんは言いました。
「これいいでしょ!ほしいでしょ!」
ジロ「いりません!」
a0216142_0284191.jpg




「ほうらこんないいもん、しとめたのよ!」
a0216142_029225.jpg




ジロ「そんなもんのどこがええねん!第一食べられへんやないかい」
a0216142_0301646.jpg




ティアラ「ジロくんたら食べられるものしか興味ないの?これはあたしの獲物よ」
ジロ「獲物いうもんは、動いてるもんをとるこっちゃ。そんな動かんただの枝、獲物とは言いませんで」
a0216142_0314648.jpg





ティアラ「でもあたしにはこれが面白いの!」
a0216142_0321918.jpg




ばりばりばり
a0216142_0323654.jpg




一方、花に近づかれたチャメちゃんは怖がってブルブル
a0216142_033964.jpg




用心深い子のようですね。少しずつここの暮らしに慣れるといいね。
a0216142_0333722.jpg




ティアラ「葉っぱ、全部落ちちゃった」
ジロ「当たり前やん、もっと頑丈なもんを拾ってみたらどや?」
a0216142_0345635.jpg





ティアラ「そうするわ。えいやあ!」
ジロ「あんたそれふにゃふにゃの雑草やん。」
a0216142_0355711.jpg



かわいいティアラちゃんとチャメちゃんに会えて楽しいひと時でした。
[PR]
by jirohanagenki | 2012-08-08 23:24 | お友達わんこ
 久しぶりにファルコくん、ナットくんに会いました。

暑いけど元気にしてはりましたか?
a0216142_2155138.jpg




お母ちゃん大好き!と飼い主さんに甘えるナットちゃん
a0216142_2229268.jpg




花「あんたいいハーネスしてるんやね」
ファルコ「うん、首で留めるより体にええらしいよ」
一方、ジロはお尻のにおいをクンクン
a0216142_22321913.jpg





ジロ「くんくんくん。ええにおいやな」
a0216142_22381789.jpg




ホントに暑いねえ!
a0216142_22251251.jpg




ジロ「ファルくん、へたばってるのかい?」
ファルコ「くつろいでるのさ。ボクは君らよりずっと若いんだぜ。へたばらないさ」
a0216142_22392761.jpg



a0216142_22424123.gif



おいらは小川でくつろぐんだ!
これ、最高です。
a0216142_22435117.jpg




ジロと花が楽しめるように、少しだけ深いプールを作りました。
プールで楽しむ花
a0216142_22462717.jpg



手前の石はジロハナ橋です。大きな石を橋にして渡りやすくしました。
プールは大きなごろ石を取り除いて、遊びやすく改造。
毎日小川で素手で工事をしています。自然のままだと大石小石がごろごろしていますから。
a0216142_22483385.jpg




少し上流にも、ジロがお腹を浸けられるように、ダムでせき止め、ごろ石を取り除いて、プールを作りました。
あまり深すぎても浅すぎてもジロはお腹を浸けません。
ほどよい深さが必要なのです。
a0216142_2252275.jpg

あまり長く浸かると冷えるので、一分くらいで上がってもらいますが・・・


いい年したおばさんが毎日、小川でせき止めたり石を並べて護岸工事しているなんて人に見られたらえらいことですが、幸い朝は誰も通らないのでできます。
少し雨が降ると流されてつぶれてしまいますが・・・なかなか楽しいです。
素手でするので、たいしたことはできませんけど・・・
a0216142_22562799.jpg




珍しい虫発見。名前が分かりませんが。
a0216142_22575557.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-08-06 22:58 | お友達わんこ
 麻雀友達の家の風ちゃん。

 飼い主らがわいわいやっている最中もグーグー爆睡する風ちゃん
a0216142_2328193.jpg




白黒の子はゆうちゃん。最近まで歯茎が悪くて苦しんでいましたが、歯が抜けて痛みが取れ元気になりました。
左は風ちゃん。じっとしないので顔がぶれてしまいます。
a0216142_23302084.jpg




キュートな柴犬ぽぽちゃん。
暑くない日は玄関前につながれてますが・・・
a0216142_23312132.jpg

a0216142_23314416.jpg




暑い日は近所のお花屋さんのクーラーの効いた部屋に避難しております。
人懐こくてかわいらしいわんこです。
a0216142_23323169.jpg



風を感じるジロ
a0216142_23551153.jpg




ジャンプする花
a0216142_053715.jpg




着地する花
a0216142_063282.jpg




a0216142_23351562.gif

朝夕、ヒグラシが鳴いていますが、どこかヒグラシの声は物悲しいですね。
アブラゼミなどはやかましいのに・・・


 先日、懐メロ伴奏の仕事に行ったときに、ある五十代くらいの女性が「港の見える丘」をリクエストしました。
 港の見える丘で、彼女のご主人となった男性が、「ぼくと付き合ってほしい」と初めて心を打ち明けた熱い思い出があるそうです。
その告白の後、どうしたんですかと尋ねると、「そらあ手をつないで歩いたわよ」とちょっとはにかんで答えました。他の人が「すぐにホテルへは行かなかった?」と聞くと「行きません!私らの時代は純情やってんから」と大笑いでした。
彼女のご主人は若くして病気で亡くなりましたが、彼女の中ではご主人とのことが昨日のように思い出されるのだと思います。
 ところで、その歌の歌詞は「港の見える丘に一緒に来た人と結ばれず別れる。淡い夢でした」という内容。
「ちょっと違うやんか」との声に「題だけで選んだの!だってこの歌がはやっていた頃私はまだ生まれてなかったから知らなかった!」と言っていました。
それを聞くと、最高齢九十七歳もいる高齢者が多いメンバー一同「若いなあ」と感心していました。
 

子供たちはいよいよ夏休みですね。
a0216142_23534339.jpg



夏の道
a0216142_23542059.jpg

[PR]
by jirohanagenki | 2012-07-20 23:23 | お友達わんこ